レーシック・近視治療

Yahoo!ニュース -海外

  • 首相「毎年の賃上げ実現を」
  • - 2014?10月01日 13:05:27
  • 1ドル110円台に 6年1カ月ぶり
  • - 2014?10月01日 11:24:38
  • みずほ 今年2回目の賃上げへ
  • - 2014?10月01日 12:38:31
  • 再生エネ中断5社 困惑広がる
  • - 2014?10月01日 12:02:37
  • ラーメン人気 九条ねぎ増産
  • - 2014?10月01日 18:39:56
  • 逆張りSPA!雑誌不況でも好調
  • - 2014?10月01日 18:05:07
  • 噴火で降灰の白菜 販売は好調
  • - 2014?10月01日 18:10:57
  • 「ドクターイエロー」に密着
  • - 2014?10月01日 12:43:29
     レーシック・近視治療

    日本での現状

    日本での歴史は、2000年にエキシマレーザー装置が医療器具として認可され、

    販売が許可されたことから始まっている。

    日本国内では、手術名称は「角膜屈折矯正手術」と呼ばれている。



    (Wikipedia参照)







     本当に使われているアプリは

    無料レコメンドアプリ「appmom」において実施したもので、調査期間は2011年12月〜2012年3月で、appmom登録ユーザー1,500IDが対象。また上位20位のうちGoogle Playでは45%がゲーム系アプリだが、appmomでは、上位20位のうち、Google Playで人気のゲーム系アプリはわずか5%だった。

     もっとも顕著に違いが出ていた40代男性管理職と20代女性事務職の保有アプリトップ30を比較すると、40代男性管理職は実用的なアプリが多く、特に交通系や地図系など、移動にともなうアプリを多く保有。また、ゲーム系アプリやネタ系アプリはアンインストールされやすく、利用者の性別・世代・職種、利用期間によっても、実際のアプリの保有状況に特色が出ることが判明したという。Google Playで1位から4位のアプリは、appmomでは2位から5位にランクインしていたが、appmomの1位は「おサイフケータイ系アプリ」がランクインしていた。一方、20代女性事務職は、グルメやショッピング、健康など、エンタメ系アプリを多く保有していた。

     またappmomのインストールランキングで、2位、4位、9位にランクインしている、定番アプリとしても有名な「SNS系アプリ」や「ファーストフード系アプリ」は、appmomアンインストールランキングでも3位、4位、6位と、上位にランクインしており、インストールランキング上位20位のアプリのうち30%が、アンインストールランキング上位20位にもランクインした。ランキング上位のアプリはインストールされやすいものの、実際に利用してみると必要がなかったり、すぐに飽きてしまうなど、アンインストールもされやすい傾向にあるとのこと。



     まず、2011年12月16日〜2012年3月16日の期間に、Google Playの「人気ランキング(無料)」とappmomでの「インストールランキング(無料)」を比較すると、同じアプリは45%。VOYAGE GROUPは19日、Androidアプリの利用動向調査の結果を公表した。

    【表】ランキング比較、40代男性管理職と20代女性事務職の保有アプリの比較など

     それによると、保有ランキングで1位の「QRコード系アプリ」が、起動ランキングでは378位となっているなど、多くの人が保有するアプリが、実際に多くの人に利用されているアプリではなく、大きな差があることが判明した。